目や身体の体調管理に役立つブルーベリーや青汁のサプリメント

体調管理の要・目や身体に作用するサプリメントで健康になろう
栄養素がたくさん!青汁がもたらす様々な効果
目の健康を考えるならブルーベリーのサプリメントを取り入れよう

30代からの体調管理~サプリメントのメリット~

サプリメント

30代になると、体調の変化をわずかでも感じることが多くなります。サプリメントを使って体の調子を整えていくにはどうしたらよいでしょうか

30代を超えると気になりだす「容姿」のこと

30歳を過ぎると、翌朝の化粧ノリに若干の不満を覚えるようになったり、白髪に気付いたりと容姿に関する変化が生じます。この容姿の変化は「女性35歳」になると如実に表れます。若さを保つための努力を続けていても、シミの増強、バストの下垂、体重が減らないなど、どこかで年齢を隠しきれない部分が出てきます。ただし、食生活や運動による改善で衰えのスピードを緩やかにすることができます。また「私は若い!」というような気持ちの持ち方も若さを保つ秘訣ですよ。

パソコン社会による弊害~VDT症候群とは~

IT社会となった日本。今では仕事をする上でパソコンは欠かせないものとなりました。「VDT(Visual display terminal)症候群」という疾患がクローズアップされています。パソコンのディスプレイを使った長時間作業によって目や身体の疲れ、心への影響を受ける疾患です。パソコンのディスプレイだけではなく、スマホやタブレットの使い過ぎでも起こりうる症状です。

体調管理で知っておきたい~サプリメントに関するQ&A~

美容に効果的なサプリメントは何ですか
美容に良い成分等も多々ありますが、あらゆる「スッキリ」を手に入れることが美容面向上への第一歩です。「キレイになるために野菜を食べること」と分かっていても、物価高騰や量が食べられないなどの理由から、なかなか遂行されないことも。野菜不足を補い、スッキリを手に入れるために青汁を利用してみることはいかがでしょうか。苦い・マズイというイメージが根強いですが、最近では飲みやすくおいしい商品が目白押しですよ。
パソコンを使うことが多いのですが、おススメのサプリメントはありますか
パソコンから出る光は瞳を攻撃し、視力低下や目の乾燥を容易に進行させていきます。そのため色素を補うことや目の乾燥を守るとされているサプリメントをおすすめします。特にブルーベリーを使った商品は、飲みやすく目のトラブルから守ってくれる働きがあると好評です。多くの方に好まれる果実で、ケーキや飲み物などでも大人気です。サプリメントに加工されることで、より飲みやすさが増し、毎日続けやすいと言われています。

サプリメントは自分に合ったものを選びましょう

サプリメントにはさまざまな種類があります。日本では「健康補助食品」という位置付けがなされており、体の調子を整える商品として捉えられています。ですが、成分の組み合わせによっては体に合わない場合や、飲み合わせの悪い薬との相乗効果(副作用)が現れる場合も考えられます。医師から処方された薬を飲んでいる場合は、必ず医師や薬剤師にサプリメントとの飲み合わせに関する質問をして下さい。また初めて飲むサプリメントの場合はまずは目安量の半分から飲み始め1週間程度で目安量まで増やしていくことをおすすめします。また、自分に合ったサプリメントは、下記の商品比較サイトや栄養成分の解説を行なっているサイトを見ると、分かりやすくて便利です。

サプリメントで摂取できる栄養素とは

食事などでは摂取できない栄養素もたくさんあります。体の調子を整えるためには、サプリメントを併用して栄養を摂取する必要があります。

青汁で摂取できる栄養素

ビタミンC
ビタミンCには抗酸化作用があります。シミやしわの抑制や肌のコラーゲン生成にも欠かせない栄養素です。青汁に使われている桑の葉やゴーヤ、大麦若葉、ケール等に含まれていますので、これらの素材をベースに作られている青汁商品を選ぶことをおすすめします。また、飲みにくさを緩和するために、レモン汁などをプラスすることでさらにビタミンCの摂取が促されます。このように青汁プラスワンで効率よくビタミンCを摂取することも一案です。
カルシウム
みなさんもご存知の通り、歯や骨を作るために必要な栄養素です。それだけではなく、体が機能するために必要なのがカルシウムです。青汁にもカルシウムが含まれています。特に、ケール100g当たりのカルシウム含有量は、牛乳1本分に匹敵します。また体への吸収率も高いので、余すことなく摂取できるメリットがあります。青汁1杯分には1日に必要なカルシウムの1~2割程度が含有されています。食事と同時に青汁を摂取することで、カルシウムも吸収されやすくなります。
食物繊維
食物繊維は「お腹のお掃除役」として便通を促す働きがあります。また腸内環境を整えてくれる栄養素です。腸内環境が整ってくることで体の免疫力が高まり、病気にかかりにくい体を作ることができます。また美肌へも導かれていきます。青汁には食物繊維が豊富です。食物繊維が摂取しやすい製法に注目するとよいでしょう。特にお腹の中の善玉菌の餌にもなる水溶性食物繊維がたっぷり含まれている青汁商品を選ぶと、毎日のスッキリを手に入れることができます。

ブルーベリーで摂取できる栄養素

ポリフェノール
ブルーベリーには、アントシアニンと呼ばれるポリフェノールがたっぷり含まれています。アントシアニンは濃い青紫色をした色素で、ブルーベリー以外にもナスの皮や紫色のキャベツや玉ねぎなどにも含まれています。中でもブルーベリーの抗酸化力は抜群です。ただし私たちの健康を維持するまでのアントシアニンを摂取するには、一般種のブルーベリーを一日300グラムも摂取する必要があります。果糖の摂取過多にもつながるので、成分が濃縮されているサプリメントであれば1日に必要なアントシアニン量を網羅することができます。
その他豊富な栄養素
ブルーベリーにはビタミンEやビタミンCも豊富。この二つの栄養素は抗酸化ビタミンと呼ばれており、体のサビと位置付けられる活性酸素を抑制する力があります。また、体内に蓄積された脂質の酸化を防ぎ細胞の劣化を防ぐ働きを持っています。ビタミンCは、ビタミンEの働きを促す力も持っているので、同時に摂取することでお互いの力をしっかり引き出すことができます。ビタミンEとビタミンCを同時に摂取できるブルーベリーはまさに私たちの体に欠かせない果実なのかもしれません。
TOPボタン